当サイトは高機能なのにシンプルで使いやすい【SWELL】を使用しています 詳しくはこちら

SWELL&THE THOR(ザ・トール)比較”購入者限定ページも一部公開”

◎こんなあなたにおすすめの記事◎

・有料テーマの選び方がわからなくて困っている

・それぞれのテーマを実際に使った体験談や感想をしりたい

・SWELLとTHE THOR(ザ・トール)で悩んでいるので比較したい


副業としてブログをはじめた初心者のほとんどが悩むのが有料テーマの選び方。

パソコン代にレンタルサーバーの契約やドメインの購入ですでに多くの先行投資をしている身としてはさらに有料テーマの購入で1~3万円の出費は痛く「絶対に失敗したくない」と思いますよね。

実際に有料テーマを購入する人のレベルやワードプレスの使用目的によって作業効率や使い勝手がぜんぜん違うので注意が必要です。


この記事ではブログで収益化を目指すあなたにSWELLとTHE THOR(ザ・トール)を実際に購入して使ってみた体験談をもとに、SWELLとザ・トールの比較と有料テーマ購入のポイントを紹介しています。

両テーマは当サイトでTOP3に入るほどおすすめの有料テーマで気合をいれて執筆したので情報量が非常に多くなっているため、読みやすいように重要なポイントは目次の「前半まとめ」までに凝縮して紹介しています。

これ以降は少し難しい内容になってくるので興味のあるかただけ最後までお読みください。

関連記事:SWELLとDiverを徹底比較!【筆者の失敗談をもとにおすすめ紹介】

    :おすすめ有料テーマを初心者向けに徹底比較!

【目次】読みたいところをクリック

SWELLとTHE THOR(ザ・トール) 徹底比較!どっちがおすすめ?

SWELL(スウェル) VS THE THOR(ザ・トール)徹底比較

【WordPress】有料テーマの選び方は?

有料テーマの選びかたはこちらの記事で紹介していますが、カンタンにまとめると「サイトの方向性を明確にすること」「複数サイトへの使い回しが可能なもの」を選びましょう。

この記事を読んでいる多くのかたはパソコンはあまり詳しくないけど副業でブログを書きたいと考えているかたがほとんどだと思います。

ブログの運営はいうまでもなく記事の執筆がメインになるのであれもこれもできる機能性にすぐれたテーマよりも初心者でも迷うことなくライティングに集中できる有料テーマを選ぶのがおすすめです。

【いきなり結論】実際使ってみて比較した結果はSWELLがおすすめ

だらだらと書き続けたものを読むのは大変でしょうから先に結論をいうとブログ初心者はSWELLがおすすめ。

筆者はSWELLとTHE THOR(ザ・トール)を実際に使って比較したからこそよりSWELLのすばらしさがわかりますが、まったくのパソコン初心者がブログをはじめて最初に買った有料テーマがSWELLだったとしても不満がなくほとんど困ることがないでしょう。

きっとあなたは価格・機能の違い・SEO対策・カスタマイズ性などいろいろな項目を比べては有料テーマ選びで迷っているかと思いますがシンプルでわかりやすく、ストレスなく執筆作業ができるテーマが最強です。


今この段階でSWELLの購入を決めても失敗したと後悔することはまずないでしょう。

SWELLにもし不満や物足りなさを感じるようなことが出てくることがあればあなたは5桁・6桁の収益はラクに稼いでいるはずなので、そのときにはあなたの知識と経験をもとにピッタリのテーマを探しても問題はないでしょう。

このあとは各テーマの特徴や差異などについて触れていきますが、テーマ選びで迷うよりもSWELLをサクッと導入してサイト構成やKW選定に時間をさくほうがおすすめです。



SWELLとTHE THOR(ザ・トール)のスペック比較

SWELL(スウェル) THE THOR(ザ・トール)スペック比較
 SWELLTHE THOR(ザ・トール)
発売日2019/32018/10
料金¥17,600¥16,280
ブロックエディターの対応◎完全対応△対応してるが精度が低い
記事の書きやすさ★★★★★★★☆☆☆
複数サイトへの使い回しOKOK
AMP対応×
PWA対応×
表示速度速い速い
サポート初心者にもやさしいサポートWEBに詳しくないと難しいサポート
初心者おすすめ度★★★★★★★★☆☆
公式サイトhttps://swell-theme.com/【https://fit-theme.com/the-thor/】
SWELLとTHE THOR(ザ・トール)比較表

SWELLとTHE THOR(ザ・トール)の比較 “大きな違いはここ”

SWELL(スウェル) THE THOR(ザ・トール)の特徴を比較

SWELLの特徴

SWELLは最新エディターのブロックエディター『Gutenberg』に完全対応して、ブログをカンタンに・楽しく・素早く書けるようにこだわって作られたワードプレステーマです。(操作動画はこちらのページから

THE THORもそうですがほとんどのテーマが名ばかりのブロックエディター対応で微妙な不具合が放置されたままなど使い勝手が悪いのですが、SWELLに乗り換えたことで小さなストレスがなくなりブログを書くハードルがとても下がりました。

またシンプルで飽きのこないデザインはどのようなジャンルのサイトにも合わせやすく、しかもダウンロード&インストールするだけのカンタン操作で完成するので初心者ブロガーにおすすめしています。(デザインのデモサイト一覧はこちら

SWELLに向いてるのはこんな人

  • シンプルですっきりしたデザイン
  • 直観的、カンタンに使えるのがいい人
  • 困ったとき誰かに聞ける環境がほしい人
  • WordPressでサイトを作ったばかりの初心者
  • クラシックエディターのサポートがいつ切れるか不安な人

THE THOR(ザ・トール)の特徴

THE THOR(ザ・トール)は*AMPや*PWAなど先進的な技術や「見出しデザイン53種類×配色パターン無限」「マーカー6種、ラベル・ボタン・ボックスが10種」など非常に自由度の高いカスタマイズ性などが特徴のテーマです。

サイトデザインから記事作成まで細部までこだわり抜いて作り上げることができるので「写真・イラスト・音楽」など芸術家肌のかたや豊富な機能を使いこなすWEB関連が本職のかたにはおすすめできるでしょう。

逆にWEB関連の初心者でライティング中心(記事作成)だった筆者ではその豊富な機能のほとんどを使いこなせず、選択肢が多すぎて選べない・必要な機能が探せないといったことあり、小さなストレスが積み重なってしまったので注意が必要です。

THE THOR(ザ・トール)に向いてるのはこんな人

  • 独自HTMLやCSSを使いたい上級者
  • 独自性の高いサイトデザインにしたい
  • AMP・PWA対応のテーマを探している人
  • 装飾の色やレイアウトなど細部までこだわりたい人
  • クラシックエディター(もしくはコードエディター)で記事を書きたい人

AMP・PWAについての補足

モバイルページを高速表示させる「AMP」を標準装備

ザ・トールでは、GoogleとTwitterが共同で開発しているモバイル端末でWEBサイトを高速表示させる技術「AMP」を装備しています。AMPを有効化すれば、Googleの検索結果に表示された時にライバルよりも目立ちやすくなり、またページへアクセスしたときの速度が、通常ページの4倍以上になるとの報告もあります。モバイル端末におけるユーザービリティが大幅に向上し、間接的なSEO効果も期待できます。

【引用元:THE THOR(ザ・トール)公式】

Googleが推奨する革新的技術「PWA」を標準装備

ザ・トールは、モバイルユーザーの利便性向上に役立ち、スマートフォン業界に革命を起こすと言われている革新的技術「PWA」を他社のテーマに先駆けて、いち早く導入。あなたのサイトがユーザーのスマホのホーム画面に表示され、圧倒的な表示速度とオフラインでも表示されるなどの機能が、あなたのユーザーを魅了します。国内での導入事例はまだ僅かですが、導入済みサイトでは表示速度が3倍以上、アクセス数が大幅に増えるなどの事例が報告されています。

【引用元:THE THOR(ザ・トール)公式】

PWAをさらに補足

通常であればお気に入りのサイトはブラウザのブックマーク機能で保存されていると思いますが、PWA機能があるとお気に入りのサイトを「スマホのホーム画面へアイコンとして保存」することができます。

乱雑に保存されたブックマークよりも圧倒的に目につきやすく、オフラインでもアクセスが可能になるなどユーザーの訪問率をあげることができる機能でTHE THOR(ザ・トール)の最大の特徴ともいえます。

SWELLとTHE THOR(ザ・トール)の特徴を比較したまとめ

  • シンプルで記事を書きやすいのは「SWELL」
  • 細部までデザインをこだわりたいかたは「THE THOR(ザ・トール)」

ブログ初心者はシンプルで直観的・視覚的に操作できるSWELLがおすすめ。

もしくはブログ初心者でもデザインや構成など細部までこだわりたい職人気質や他の人とかぶるのは許せない芸術家肌のかたにはカスタマイズ性の高いTHE THOR(ザ・トール)がおすすめ。

このあとの「SWELLとTHE THOR(ザ・トール)ブログの書きやすさを比較」で装飾の設定についてなども触れるのでカスタイマイズ性能の参考にしてください。

SWELLとTHE THOR(ザ・トール)ブログの書きやすさを比較

SWELL(スウェル) THE THOR(ザ・トール)の書きやすさを比較

前項でSWELLとTHE THOR(ザ・トール)の特徴について機能面を比較してきましたが、ブロガーにとってもっとも重要ともいえるのは記事の書きやすさです。

とくにSWELLとTHE THOR(ザ・トール)では推奨されているエディターが違うので使い勝手などに差がでてきます。

なので最初にブロックエディターとクラシックエディターについて、その後に動画などを交えて記事の書きやすさや装飾のやりやすさについて紹介していきます。

SWELLとTHE THOR エディターの違いを比較

旧バージョンである「クラシックエディター」はアメブロなどの無料ブログで使われているような形のエディターで1画面(1ブロック)で1記事を書きあげるタイプでWordPressを始める以前にもブログを書いていたかたには馴染みのあるエディターでしょう。

一方2018年のWordPressのバージョンアップによって出てきたのが新エディターの「ブロックエディター(Gutenberg)で、こちらは複数のブロックを使いパズルのように記事作成をすることができます。

WordPressは2021年12月31日でクラシックエディターのサポート期間を打ち切るとしていることから基本的にはブロックエディターを推奨しているテーマを選ぶのがおすすめですが、各エディターの特徴を詳しく見ていきましょう。

ブロックエディター(Gutenberg)の特徴

SWELL(スウェル)ブロックエディター
  • レイアウトのしやすさ
  • 作業時間の短縮化ができる
  • 各ブロックに適した表示内容に変わる

ブロックエディターではHTMLやCSSといったWEBの専門知識を持っていないひとでもクリック一つで適切なレイアウトにできるのが特徴です。

旧エディターでは文字を入力していくと自動的に不要なタグなどが追加されてしまいSEO的にも良くないので執筆後にタグのチェックなど余計な作業が必要になってしまいますが、ブロックエディターではタグの修正はほぼ不要で修正が必要な場合もブロックごとに独立しているので修正もカンタン。

またブロックごとに応じた設定が表示されるため初心者のかたが初めての機能を使う場合でも直観的に操作できるのでサクサク記事を作成できるでしょう。

クラシックエディターの特徴

THE THOR(ザトール)クラシックエディター
画像引用元:FIRST NET JAPAN
  • 無料ブログを同じような方式
  • 編集画面の上に複数のボタンが固定されている

こちらは基本的に旧バージョンなので使い勝手はあまりよくありません。

しかし2018年以前からワードプレスで記事を書いてきた人や無料ブログでの経験がある人にとっては馴染みの深いエディターなので今でもクラシックエディターを使っている人は多くいます。

しかしサポートの問題やタグの自動生成などWEBの知識がないとデメリットが多くでてしまうので、当サイトではクラシックエディターを前提としたテーマはあまりおすすめしていません。

SWELLとTHE THOR(ザ・トール)の装飾を比較

SWELLとTHE THOR(ザ・トール)の装飾の種類を比較すると合計で5つの違いがあります。

基本的な装飾はどちらも備えているので装飾の種類についてはそれほど気にする必要はないでしょうが、せっかくの比較記事なので差異については画像で紹介していきます。

共通の装飾一覧

  • 目次
  • ボタン
  • 吹き出し
  • マーカー
  • 投稿リスト
  • ランキング
  • FAQボックス
  • ブログカード
  • カラムボックス
  • アコーディオン
  • キャプション付きボックス


テーマ独自の装飾

SWELLTHE THOR(ザ・トール)
フルワイド×
ABテスト×
写真ギャラリー×
口コミボックス×
スコアボックス×

【SWELL】フルワイド

SWELL(スウェル)THE THOR(ザ・トール)装飾比較:フルワイドコンテンツ
画像引用:SWELL公式

【SWELL】ABテスト

SWELL(スウェル)THE THOR(ザトール)装飾比較:ABテストブロック
画像引用:SWELL公式

*ABテストはCTR(クリック率)とCVR(コンバージョン率)の向上を目的として、ランダムに2パターンのブロックを表示させどちらが良い成果を出せるのかを検証するための機能です。

【SWELL】写真ギャラリー

ギャラリーは1ブロックに複数枚の画像を設定することができて、画像をクリックすると拡大してスライドショーのように表示することができます。

【THE THOR(ザ・トール)】口コミボックスとスコアボックス

こちらはTHE THOR(ザ・トール)用のボックスで、アンケートなどを結果や商品レビュー記事をメインとしたサイトにはピッタリの装飾です。

【操作性の比較】どっちのエディターが使いやすい?

  • ブログ初心者は直観的&サポートが有効のブロックエディターがおすすめ
  • クラシックエディターのほうがどうしても使いたい場合はTHE THORの方が互換性は高い
  • THE THOR(ザ・トール)でSWELLの装飾をマネするならHTMLやCSSの知識が必要になってくる

THE THOR(ザ・トール)の特徴でも紹介しましたが「見出しデザイン53種類×配色パターン無限」「マーカー6種、ラベル・ボタン・ボックスが10種」など装飾のカスタマイズ性能が良くも悪くも非常に高い。

SWELLであれば装飾のカラー変更などはエディターでマウス操作をするだけでできますが、THE THOR(ザ・トール)の場合カスタマイズ画面でボックス1つずつ設定を変更するなど正直めんどうな仕様だと思いますがこの辺が好みの分かれるところでしょう。

エディターに関する結論はSWELLとTHE THOR(ザ・トール)を比較したからこそSWELLの書きやすさは断然上で、実際に使ってみて「使いにくいな・・・」と後悔することはないと断言してもよいほどです。

SWELL THE THOR(ザ・トール)のライセンス比較:テーマの使い回しやNGジャンルは?

SWELL (スウェル)THE THOR(ザ・トール)ライセンス比較

ブログで収益化を目指すにあたって稼げるサイトを1回で作るのは非常に難しいので、WordPressの有料テーマは複数サイトに使い回しできるものを選ぶのが絶対的におすすめ。

有料テーマの使い回しについては別記事で詳しく書いているのでそちらを参照にしてください。

今回の記事ではテーマの使い回しを含めたSWELLとTHE THOR(ザ・トール)のライセンス内容について比較していきます。

あわせて読みたい
【WordPress有料テーマ】複数サイトに使い回し可能なテーマ5選 WordPress有料テーマを購入したいがどれにすべきか迷っている。 できるだけ損をしたくない、失敗したくないと考えているのであればWordPressの有料テーマを購入するとき...

SWELLとTHE THOR(ザ・トール)は基本的に複数サイトへの使い回しOK

どちらのテーマも「基本的に」複数サイトへの使い回しが可能です。

あなた自身が保有しているサイトであればどちらも問題はないのですが、THE THOR(ザ・トール)を使用する場合、サイト制作の受注や外注を検討している方は要注意です。

個人でしかもブログ初心者向けに記事を書いているのであまり必要な情報ではないと思いますがおまけとしてTHE THOR(ザ・トール)の特別ライセンスについて書いておくので興味があるかたは読んでください。

【おまけ】THE THOR(ザ・トール)の特別ライセンスについて

FITのテーマを使用して自己所有サイト以外の第三者のためのサイト制作を有償で請け負うこと
FITのテーマをクライアントへの営業行為に利用すること(サンプルサイト・デモサイトの作成など
セミナー、講演会、塾、情報商材などでFITのテーマを利用すること

引用元:THE  THOR公式

 

第9条(違約金)

1.特別ライセンス未契約での制作代行に関する違約金額は、金30万円とします。

2.前項以外の規約違反に関する違約金額は、金10万円とします。

3.違約金の請求は、FITが被った損害についての賠償請求を妨げないものとします。

THE THORを商用利用する場合にはライセンス登録が必要になるというものです、ライセンス料はテーマ代金とは別途で33,000円(税込)で有効期間は3年間となっています。

この点SWELLであれば複数サイト、第三者のサイトもOKとなっているのでSWELLとTHE  THOR(ザ・トール)の料金比較についてはあとで詳しく書きますがSWELLのほうがお得と言えるでしょう。

特別ライセンスについてはTHE THOR(ザ・トール)の公式サイトに詳しく書いてあるので興味があるかたは調べてみてください。

SWELLとTHE THOR(ザ・トール)は制作NGなしでどんなジャンルでもOK

SWELL、THE THOR(ザ・トール)ともに制作NGのジャンルはないのでお好きなようにサイトが作れます。

  1. 本テーマだけでは動作しません。あらかじめWordPressがインストールされている環境が必要です。
  2. 利用者は、利用者自身の責任において本テーマを改変および加工を自由に行うことができます。
  3. 利用者は、本テーマをどのようなジャンルのサイトでも利用できます。
  4. 利用者は、本規約に従い本テーマを利用するものとします。
  5. 利用者は、本テーマを第三者に配布する場合、その第三者を本規約に同意させる義務が生じるものとします。

引用元:SWELL公式サイト ご利用規約

Q:テーマの使用が禁止されているサイトジャンルはありますか?

A:使用が禁止されているジャンルはありません。
どのようなジャンルのサイトでもご使用いただけます。

引用元:THE THOR(ザ・トール)よくある質問

SWELLとTHE THOR(ザ・トール) 料金の違いを比較

SWELL (スウェル)THE THOR(ザ・トール)の料金を比較
SWELLTHE THOR(ザ・トール)
料金17,600円(税込)16,280円(税込)
設定代行プラン×30,140円(税込)
支払い方法クレジットカード ( VISA / Master / AMEX / JCB )・バンドルカード
※ 銀行振り込みでの購入は対応できません。
クレジットカード・銀行振込・コンビニ・BitCach・ちょコムeマネー
SWELL THE THOR(ザ・トール)購入方法比較


単純に料金だけ比較するのであればTHE THOR(ザ・トール)の方が安く、クレジットカード以外の支払い方法も豊富なのでカードを持っていない人でも購入できます。

SWELLはクレジットカード(もしくはバンドルカード)でしか購入することができないので、ここがTHE THOR(ザ・トール)など他のテーマと比較したときに感じる唯一のデメリットでしょう。

しかしSWELLはさきほどのライセンス比較でもお伝えしましたが、第三者のサイトを制作したりサイトの作成を外注するなど追加料金がかかないので先々のことまで考えると逆にコスパがよくなってくるのであまり金額の差は気にしなくて大丈夫です。

THE THOR(ザ・トール)の設定代行「らくらくサーバーセットプラン」

らくらくサーバーセットプランとは?

  • WordPressテーマ 一式
  • テーマのデザイン初期設定代行
  • ドメイン1点(.net .com .biz .info)1年間分
  • WordPress本体とテーマのインストール代行
  • SEO対策に最適な自動バックアップ付き「高速SSDサーバー」1年間分
  • 会員限定サイト利用権(操作マニュアルサイト(100ページ以上)/会員フォーラムサイト)


THE THOR(ザ・トール)の特徴として「らくらくサーバーセットプラン」が用意されており、まだサーバーの契約やドメインの設定などこれからするという方はTHE THOR(ザ・トール)が実質10,000円で購入できるお得なプランです。

SWELLにはこういったサービスはありませんが、最近はレンタルサーバー会社が提供している「クイックスタート」を利用すれば昔のように複雑でめんどうな設定がないので安心してください。

レンタルサーバーで迷ってるかたは筆者も愛用している「国内シェアNo.1のエックスサーバー」がおすすめ。エックスサーバーでのクイックスタートは画像付きのマニュアルを用意しているので姉妹サイトの記事を参照にしてください。

ブログノート
【エックスサーバー】WordPress クイックスタートマニュアル | ブログノート ワードプレスでブログを始めたいと思ってるあなたに良いお知らせです。 開設がめんどうだったワードプレスが新しいサービス「 クイックスタート 」でネット初心者でもカン...

SWELL THE THOR(ザ・トール)以外のWordPress有料テーマとも比較してみた

テーマ料金(全て税込)テーマの使い回し
ハミングバード 7,980円×
アルバトロス 7,980円×
スワロー 9,900円×
STORK19 11,000円×
AFFINGER5(アフィンガー5)14,800円
THE THOR(ザ・トール) 16,280円
SWELL17,600円
Diver17,980円
賢威 27,280円
WordPressテーマ料金比較

有名、人気どこの有料テーマを並べてみましたがSWELLとTHE THOR(ザトール)は比較的値段が高いほうです。

しかし上位4つのオープンケージのワードプレステーマは全て複数サイトへの使い回しがNGとなっているので値段が安くなっています。

そのことを考えると今は雑記ブログを書いているけど、将来的に特化ブログに挑戦したいなどブログを長く続けるのであればほとんどの人が複数サイト運営に乗り出すので先のことを考えてテーマを購入しましょう。

SWELL THE THOR(ザ・トール)比較【前半のまとめ】

SWELL(スウェル) THE THOR(ザ・トール)徹底比較前半まとめ

ここで一度SWELLとTHE THOR(ザ・トール)を比較するうえで超重要なポイントをおさらいしていきましょう。

SWELL
  • シンプルで飽きのこないデザイン
  • メインはブロックエディター
  • 装飾がカンタンで使いやすい
  • 直観的に記事が書ける
  • 価格は若干高いが第三者に依頼も◎
THE THOR
  • こだわりのハイセンスなデザイン
  • メインはクラシックエディター
  • 装飾のパターンが無限大
  • 記事を細部まで作り込める
  • 第三者のサイトは別途料金に注意

SWELLに乗り換えてよかったと思うのは執筆時間がかなり短縮されたことです。

THE THOR(ザ・トール)ではブロックエディターに完全対応していないこともあり、記事を書いたあとにプレビュー画面をみると変な改行や段落が入ってしまったり不具合があるのでその修正にも時間がかかります。

装飾のパターンやカスタマイズ性についてもWEBの知識があれば強い味方になりますが初心者にとってはやりたいことがどこにあるかわからず悩みの種になってしまい、この小さなストレスが積み重なるとブログを書くこと自体がめんどうになってきてしまい、肝心な継続が難しくなってしまいます。


しかしSWELLが機能的に劣っているわけではなく、必要な機能がわかりやすいところに配置されているので無駄な時間をかけずにイメージ通りのサイト(記事)を作成できます。

サイトもシンプルでおしゃれなテンプレート一が用意されていてマウスだけで設定が可能なので安心してください。(テンプレート一覧はこちらから

SWELLのインストールは「約5分」で完了。今すぐ記事執筆をはじめましょう!

SWELLとTHE THOR(ザ・トール)のSEO関連を比較

SWELL(スウェル)THE THOR(ザ・トール)のSEO対策を比較

有料テーマを比較するときにSEO対策についても気になりますが、ほとんどの有料テーマが対策済です。

筆者はTHE THOR(ザ・トール)からSWELLに乗り換えましたが比較してみたところどの記事もテーマの変更によって順位が変動したといったことはありませんでした。

SEOの本質はコンテンツ(記事)の質が大部分なのでこちらの項目はあまり神経質に比較せず、SWELLとTHE THOR(ザ・トール)を比較してみたらこんな結果だったよ程度に見てみてください。

表示速度の違いを比較

PageSpeed Insightsでサイトのトップページと投稿ページの速度を比較してみました。

サイトの構成や記事に画像を多く含むかなど外的要因が多いので参考程度ではありますが、全体的にはわずかですがTHE THOR(ザ・トール)のほうがスピードが速い印象ですが、ほぼ文章だけのカンタンな記事にもかかわらずTHE THOR(ザ・トール)のモバイルが異常に遅いのが気になるところ。

SWELLで作った別サイトの脱毛体験談のように画像をたくさん使う記事でもモバイル62、パソコン73という結果だったのでサイトスピードの安定性はSWELLの方が高い印象です。

SEO関連の設定を比較

meta title・meta description・index設定などSEO関連の設定はSWELL、THE THOR(ザ・トール)を比較してもほとんど差はありません。

記事ごとのメタディスクリプションなどはテーマ自体に保存されるものが多く、テーマの乗り換え時には再度設定をし直さなければいけないなど、もしもテーマが気に入らなかったときには非常に手がかかります。

しかしSWELLの開発者が提供している「SEO SIMPLE PACK」はSWELLとの互換性が100%のプラグインで、SEO関連の設定をプラグインに引き継ぐこともできるためあまりないことですがSWELLの方が機能性は高いでしょう。

SWELLとTHE THOR(ザ・トール) サポートの違いを比較

SWELL (スウェル)THE THOR(ザ・トール)のサポート内容を比較

有料テーマはそれぞれ記事の書き方やカスタマイズ方法が違います。

サイト運営をしていくうえで「○○はどうやって変更するの?」「××ってエラーが出たけどどういうこと?」などいろいろな疑問やトラブルなどがあるでしょう。

そんなとき独自のマニュアルやサポートが使いやすいかどうかは作業効率にも関わってきますのでSWELLとTHE THOR(ザ・トール)のサポート内容について比較してみましょう。

WEBマニュアル

WEBマニュアルはSWELLは一般公開、THE THOR(ザ・トール)は会員限定公開となっています。

会員フォーラム

会員フォーラムは掲示板形式で「機能・不具合報告・要望」などが書き込めるようになっていてSWELL・THE THOR(ザ・トール)ともに購入者限定のサポートです。

会員フォーラムはSWELLのほうがアクティブユーザーが多く、質問に対するレスポンスも非常に早く当日に解決することも多々あります。

いっぽうTHE THOR(ザ・トール)は一部の知識あるボランティアが主のように存在していますが、複雑でシロウトには難しいテーマなのでそういったごく一部の人がいないときにはなかなか解決していないようです。

テーマのアップデート

SWELL・THE THOR(ザ・トール)ともにバージョンアップは無料。とくにSWELLは現段階でも十分なクオリティにもかかわらず機能の追加や使い勝手の向上など、こまめなアップデートがありどんどん進化を続けています。

THE THOR(ザ・トール)は筆者は体験したことないのですが、ネットでの情報ではテーマ自体が細かく作られているのでたまにくるアップデート時に不具合が起きやすいとのこと。

SWELLもちいさな不具合が出ることもありますが対応が非常に早く、時間がかかる場合にはフォーラムを見れば簡易的な対処方法が出ていたりするので比較的安心して使えると感じています。

【比較まとめ】SWELLは初心者でも扱いやすく、THE THOR(ザ・トール)は玄人向け

SWELLがおすすめな人
  • ブログの執筆がメインの人
  • シンプルなデザインのサイトを作りたい
  • 最新のブロックエディターでサクサク記事を書きたい
  • アクティブユーザーが多く、困ったときにサポートを受けたい
  • HTMLやCSSといったプログラミング系の知識はさっぱりわからない
THE THORがおすすめな人
  • 写真やイラストの創作がメインの人
  • スタイリッシュでかっこいいサイトを作りたい
  • WEB用語の知識がちゃんとあり自分で問題を解決できる
  • HTMLやCSSをガンガン使ってオリジナリティを追求したい
  • 使い慣れたクラシックエディター(もしくはコードエディター)で記事を書きたい

SWELLとTHE THOR(ザ・トール)を比較してみた結果で、ブログを始めたばかりの初心者~5桁くらい稼ぐ中級者には圧倒的作業効率がよいSWELLがおすすめ。

価格的にはSWELLの方が若干高いのはネックですが、初心者のうちは装飾の変更やサイトデザインのカスタマイズなどいろいろな設定で時間を使うことが多いのでその辺の設定のしやすさなどを考えてればテーマを購入したあとを時給換算したらSWELLの方がコスパが非常に高い。

THE THORは機能性が非常に高く、HTMLやCSS・AMPやPWA・CTAやタグの管理機能などさまざまな機能を使いこなせるようになれば1ページごとに細かい設定をしたりと非常に強いサイトを作れるでしょう。


なので有料テーマの選び方で迷っているあなたにはSWELLでほかのテーマではあじわうことのできない使い勝手の良いブロックエディターをぜひ体験してもらいたい。

THE THOR(ザ・トール)の機能性と比較して目移りしてしまう気持ちもわかりますが、実際に両方のテーマを使ってみた体験談としてこだわり抜いた1ページを作り上げる機能性よりもストレスなく書き続けられることが本当に良いテーマだなと実感しています。

ブログで稼ぐには1にも2にも作業量。さっそくテーマを入れてガンガン作業して1歩でも目標に近づきましょう!

よかったらシェアしてね!
【目次】読みたいところをクリック
閉じる